VANS × MoMA コラボレーション第2弾

VANS × MoMA

バンズ × ニューヨーク近代美術館(MoMA) コラボレーション第2弾

MoMA and Vans フットウェア&アパレルコレクション9月に発売された第一弾に続き、第二弾が2020年11月11日(水)に発売。
第二弾はエドヴァルド・ムンク、ジャクソン・ポロック、リュボーフィ・ポポーワ、フェイス・リングゴールドの作品からインスパイアされたコレクション。

VANS and MoMA Era エドヴァルド・ムンク

無限の叫びと怒りを描いた”エドヴァルド・ムンク”の代表作『叫び』(1895)をアッパーにあしらわれた「Era(エラ)」。一見して『叫び』と分かるアイキャッチな1足になっている。

VANS and MoMA Authentic ジャクソン・ポロック

“ジャクソン・ポロック”は絵の具を投げつけたような絵画技法“アクションペインティング”の先駆者。ポロックの作品『One:Number31, 1950』(1950)をデジタルプリントにし、アッパーからソールまであしらわれた「Authentic(オーセンティック)」はアートをそのまま履いてような仕上がりになっている。

VANS and MoMA Sk8-Hi リュボーフィ・ポポーワ

“リュボーフィ・ポポーワ”は、色、線、図形を使用い、動きとダイナミズムを表現した立体的な作品の制作で、“構築する”というアプローチから絵画を表現していた。
ポポーワの『Untitled』(1917)は「Sk8-Hi(スケートハイ)」のサイドパネルを使い作品のアバンギャルドな雰囲気が表現された1足。

VANS and MoMA Era フェイス・リンクゴールド トゥルーホワイト

“フェイス・リンクゴールド”は、画家、作家、彫刻家、パフォーマンスアーティスト、教育者、活動家など様々な顔をもつアーティスト。その作品を通して社会問題を浮き彫りにした。
リンクゴールドの作品であるフェミニズムポスター『Woman Free Yourself』(1971)を左足、
アンジェラ・デイビス逮捕当時の響きが込めた作品『Woman Freedom Now』(1971)を右足に
左右でそれぞれ異なるポスターを「Era(エラ)」に表現した。

VANS and MoMA classic Slip-On フェイス・リンクゴールド

リンクゴールドの1970年代の作品『結婚の窓(The Windows of the Wedding)』からインスパイアされた、「Slip-On(スリッポン)」。ミッドソールの側面には、リングゴールドの手書きによる一節
「私の母親は、半分の成果を収めるために他の人よりも2倍努力すると述べた」が表現された1足となっている。

via vansjapan.com

アートとスニーカーの融合となっている今回のコラボレーションモデル、アート作品として購入するのも良いですね。

販売店舗

MoMA Design Store

Billy’s

ABC-MART GS オンラインストア

ABC-MART 渋谷神南店 (実店舗)

ABC-MART GRAND STAGE 名古屋パルコ店 (実店舗)

VANS STORE (実店舗:原宿 / お台場 / ダイバーシティ / みなとみらい / あべのキューズモール / キャナルシティ博多 / イアース沖縄豊崎)

Follow me!