1920年、ドイツのニュルンベルクにて靴職人の息子として生まれた、アドルフ・ダスラーとルドルフ・ダスラーの2人が共同で資金を出し、靴製造の会社「ダスラー兄弟商会」を設立。ベルリンオリンピック等の活躍により順調に見えたダスラー兄弟商会だが、やがて二人の意見は合わなくなり商会は解消となった。
1948年、二人はそれぞれ独立。アドルフはアディダスを設立し、ルドルフはルーダ(後のプーマ)を設立。アドルフのニックネーム「アディ」と「ダスラー」を合わせたものがアディダスの名前の由来である。
アディダスのシンボルであるスリーストライプスは1949年に創業者のアドルフによって商標登録された。そもそもの原型は革製シューズのアッパーに取り付けられた3本の補強バンドであった。2019年、EU裁はアディダスのスリーストライプスは固有のデザインであると認められず、商標権は無効だとした判決は記憶に新しい。