1949年、鬼塚喜八郎がオニツカタイガーの前身である鬼塚商会を創業。
最初はバスケットシューズ。その後マラソンシューズ等、多くのスポーツシューズを展開された。1966年、後にOnitsuka Tiger Corsair / Nike Cortezとなるモデルで初めて採用されたサイドストライプ。このストライプは本来はメキシコオリンピックのためだけに開発されたデザインだったが、アキレス腱の保護・アッパーの強度の確保といった機能性のみならずその斬新なデザイン性においても反響が大きく、ASICSはオリンピックイヤー後もブランドアイコンとして使用し続ける事に決定された。愛称の「メキシコストライプ」は当時の正式名称で、現在は「アシックスストライプ」と改められています。

yamaotoko202010ハロウィン

【YAMAOTOKOオンラインショップ セール情報】ハロウィンセール 10/26から

アメ横の老舗スニーカーショップ「山男フッ

もっと読む